転倒予防体操

朝晩は大分涼しくなりましたね。
でも、日中はまだまだ日差しが強い日が続いています。
今日も元気に始まりました、転倒予防の体操です。
何より一番の驚きは、参加者の皆さんが声が出るようになってきたこと。かけごえを掛けながら体操をしていますが、これには意味があります。まずは、勿論何回やったか数えることですが、同時に力み過ぎて血圧が上がらないように、威勢良く声を単発で出すことで、息を適度に抜き血圧上昇を防ぐ意味があるのです。
また、声を大きく出すことは、誤飲性肺炎を防ぎ喉を鍛えることにもなりますね。

コーラス

第二部のコーラスは楽しみながら喉を鍛えるのに一番適しているかもしれません。
きょうは、秋にちなんだ歌『真っ赤な秋』と『秋桜』を歌いました。
『秋桜』はあの山口百恵さんが歌ったさだまさし作詞作曲の歌ですね。
改めて、歌詞を見ながら歌うと・・・
♪この頃涙もろくなった母が庭先で一つ咳をする ♪明日嫁ぐ私に苦労はしても笑い話に時が帰るよ、心配いらないと笑った♪
歌いながら涙ぐんでいく皆さんの姿にこちらもまた涙ぐんで・・・名曲ですね!!
美しい日本語だなと改めて感動しきりでした。

過去の転倒予防運動

お問い合わせ

特定非営利活動法人 
神奈川県転倒予防医学研究会

〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘2-21-2 第一キングビルA号
TEL 045-532-6106 
FAX 045-904-0079
E-Mail tentou@happy.email.ne.jp

© k-tentou.jp